- blog - 広報ブログ

fabian-oelkers-163333-unsplash

こんにちは。

イードア広報担当です。

 

人類最後のフロンティア、宇宙。その開拓が着々と進みつつあります。

 

2018年2月27日、Vodafoneドイツ法人は月面に4G通信ネットワークを構築する計画を発表しました。月面を走る探査機と基地局間で、科学データや高精細な映像をやり取りできるようになる。史上初となるこの試みは、ベルリンに拠点を置く有志科学者チームPTScientists(パートタイム・サイエンティスツ)が、2019年に実施する民間初の月面探査を支援することを目的としています。この計画には携帯キャリアのVodafoneドイツ法人をはじめ、フィンランドのハードウェアメーカーNokiaや自動車メーカーのAudiが参加し、打ち上げはイーロン・マスク氏がCEOを務めるSpaceXが担当するそうです。

 

「アポロ11号」が人類初の月面着陸を成功させてからちょうど50年。2019年は、そんな節目の年でもあります。

 

米ソ冷戦当時、国力誇示や軍事的目的のために巨額の予算が投入された宇宙開発競争。悲願の月面着陸が達成されてから数十年が経過し、当時と比べると、予算削減の流れのなか人々の宇宙に対する関心は薄れ、月面探査が一般の人々の話題に上ることはほとんどなくなりました。

 

現在、宇宙開発の主導権は国から民間に移りつつあります。イーロン・マスク氏のSpaceX、ジェフ・ベゾス氏のBlue Origin。2016年、日本でも、民間企業が宇宙開発に取り組むための規制を定めた宇宙関連二法の成立により、民間の打ち上げ事業参入が可能になりました。宇宙関連事業を展開するスタートアップの資金調達も活発になり、ふたたび熱気を帯びつつある宇宙開発。それは現代において、どんな意味をもつのか、また、世界のイノベーターたちを宇宙へとかき立てるものは何なのでしょうか。

 

続きを読む→

dose-media-368248こんにちは。

イードア広報担当です。

 

2018年2月9日、韓国・平昌(ピョンチャン)の夜空を1,218個のドローンの光が飾りました。

 

スノーボーダーが雪原を駆け抜けるようなアクションから、オリンピックのシンボルである五つの連なる輪が浮かび上がる。実際に演技するスノーボーダーの写真をトレースして作られたというそのアニメーションは、まさに生きているかのように動き、開会式を見守る世界中の観客を魅了しました。

(残念ながらリアルタイムに制御されたドローンではなく、当日は事前の録画映像が使用されたそうです。平昌の上空は低温で風が強く、ドローンにとっては飛行が難しい環境でした)

 

平昌冬季オリンピック開会式の目玉となるショーとして、米国インテル社が監修した同パフォーマンス。最新のドローン技術を最大限活用し、ギネス記録となる1,218個ものドローン同時飛行を実現しました。

 

そんなドローンの存在は、いまや一般に認知されるようになったとはいえ、まだまだ物珍しさの対象であるように思います。日常の生活を便利にするべく、さまざまな実証実験が行われるドローン。今回は、そんなドローンの最新活用事例をいくつかご紹介します。

 

続きを読む→

 

平素は格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。

誠に勝手ながら、弊社では以下の期間にて

年末年始休業とさせていただきます。

 

【年末年始の休業期間】

2017年12月27日(水)~2018年1月3日(水)

 

※新年は2018年1月4日(木)午後より通常営業をいたします。

 

<休業期間中のお問合せにつきまして>

上記休業期間中の緊急のお問い合わせは、

担当コンサルタント携帯番号までご連絡ください。

 

・同休日中の会社固定電話へのお問い合わせは対応いたしかねます。

・電子メールでいただきましたお問い合わせにつきましては、

順次ご連絡させていただきますので、お時間をいただく可能性がございます。

 

大変ご不便をお掛け致しますが、何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます。

 

 

 

about

 

株式会社イードアは、社会への「思い」に光をあて、「生きる」を後押しするWebメディア『Focus On』(フォーカスオン)を本日オープンいたしました。

 

URL:https://focuson.life/

 

『Focus On』は、人間社会や組織にまつわる人の思い、そしてその背景にある価値観や哲学に焦点をあて、そこにある原理や原則を発掘し、発信するメディアです。それにより、世の中を一歩前に進めるきっかけが生まれること、またそのような考えをもつ人の背中を押す一助となることを目指しております。

 

何度も読み返される価値のある「バイブル」のような存在として、社会の進歩発展に寄与できるよう、未来へ向けて継続してコンテンツを発信してまいります。

 

 

 

本日公開時点では、以下の5名の記事を掲載しております。

今後は毎週新しいストーリーをお届けいたします。

 

■「『何もできない』起業家―起業のエコシステムをつくる」

Creww株式会社 代表取締役・伊地知天氏

https://focuson.life/article/view/31

 

■「世を変える事業の確率論―ベンチャー投資を経て38歳で起業した人生」

株式会社和久環組 取締役COO/CFO・中田寿氏

https://focuson.life/article/view/27

 

■「『職種』の意味が失われつつある―職の枠組みと本質」

株式会社A.C.O. 代表取締役・倉島陽一氏

https://focuson.life/article/view/25

 

■「種子島が教えてくれたこと―経産省NEDO発の研究開発型ベンチャー」

株式会社フォトシンス 代表取締役・河瀬航大氏

https://focuson.life/article/view/26

 

■「ソニーグループが背中を押した『映像』の未来」

セーフィー株式会社 代表取締役・佐渡島隆平氏

https://focuson.life/article/view/28

 

 

top

 

 

※メディアに関するお問い合わせはこちら

株式会社イードア「Focus On」担当

focuson@edoa.co.jp

 

 

 

こんにちは。

イードア広報担当です。

本日、「EDOA in numbers」を更新いたしました。

 

弊社では、意思決定の支援をさせていただいているクライアント企業様の定量的傾向を、「EDOA in numbers(数字で見るイードア)」として、トップページにて公開しております。

 

昨年(2016年7月 ⇒ 2017年7月)からの変化は下記の通りです。

 

①経営陣リレーション

・・・弊社クライアント企業様のうち、ご担当者様が決裁権をもつ役員以上である割合。

 

76% ⇒ 76%

 

昨今の経営環境として、事業拡大のみならず、新業態への転換や新規事業への挑戦など、スピード感ある経営判断が求められるなかで、組織の成長が追いつかず、経験豊富な外部人材の招聘ニーズが高まっております。ミドルマネジメント層の採用ニーズを抱える企業様に対して支援させていただくことの多い弊社でも、既存クライアント企業様から実績をご評価いただき、同様のニーズを抱える企業経営者様をご紹介いただくことが増えております。一方で、これまで実績のなかった業種(ホテル・観光サービスなど)の企業様とのお取引も拡大しつつあり、全体としてクライアント企業数は増えているなかで、同率を維持しております。

 

②IT:不動産

・・・事業の主領域が、IT・Web領域にある企業様と、それ以外の不動産・教育・アパレルなどのサービス領域にある企業様の比率。

 

50:50 ⇒ 52:48

 

前項でもお伝えした通り、既存クライアント企業様からのご紹介が増えていることに加え、ベンチャーキャピタルやエンジェル投資家からのご紹介が増えていることなどから、進歩の勢いめざましいIT・Web領域に軸足を置くクライアント企業様の比率が高まっております。

 

③スタートアップ:設立10年以上継続企業

・・・設立から9年以内である企業様と、10年以上継続されている企業様の比率。

 

51:49 ⇒ 39:61

 

既存クライアント企業様からのご紹介増加で実績をご評価いただいたことで、設立以来成長をつづけ、持続的に価値を創造しつづけるクライアント企業様が増え、アライアンスやM&Aなどのご相談も増えております。

 

④組織人事支援:ソリューション支援

・・・組織人事面で支援させていただいている企業様と、それ以外のアライアンスや新規事業といった経営支援、営業支援、M&A支援などさせていただいている企業様の比率。

 

85:15 ⇒ 80:20

 

創業以来、「意思決定の支援を通じて社会の進歩発展に寄与する」という理念のもとで一貫してサービスをご提供している弊社では、企業を取り巻く外的要因の変化や、成長フェーズに合わせ、常にクライアント企業様のパートナーとして伴走しつづけてきました。それにより、より深い階層の経営課題をご相談いただくことが増え、組織人事面以外のソリューションを活用した課題解決ニーズの比率が高まっております。
同時に、弊社社内体制の変更により、クライアント企業様に対して、より多角的なご支援を組織単位でご提案できるようになりました。具体的には、各コンサルタントの属人性に依拠する体制から、部署内でのナレッジ共有・社内教育に比重を置く体制に変更しました。

 

⑤ソリューション支援社数

・・・経営課題に対し、複数アプローチでソリューションをご提供している企業様の数。

 

52 ⇒ 139

 

既存クライアント企業様からの案件ご紹介に加え、既に弊社組織人事支援サービスをご利用いただいている企業様のなかで、ソリューションニーズのお問い合わせが増えたためと考えられます。

 

 

本データは3ヶ月ごとに最新情報を公開いたします。

 

日々刻々と変化する経済環境や、技術革新、時代に合わせ、最適なソリューションをご提供できる経営者様のパートナーであるために、今後とも従業員一同、精進して参ります。

 

 

お問い合わせはこちら(contact)

 

*2017/7/4一部修正