大手IT企業エンジニアから独立を経て、スタートアップCTOへ

 

こんにちは。
イードア広報担当です。

 

皆さんは、スタートアップへの転職にどのようなイメージをお持ちでしょうか?

不安定?激務?成長?様々だと思います。

 

STARBOARDは、未来のスタートアップ幹部候補である皆様と、スタートアップ経営者をつなぐ審査制の求人キュレーションサービスです。スタートアップの魅力とは?どのような企業があるのか?どのような人が働いているのか?スタートアップに関する幅広い情報を皆様にご提供すべく、情報発信していきたいと思います。

 

初回は、登録数約2000社・スタートアップコミュニティを運営するCreww株式会社の荻野さんに、現在に至るまでの転職・キャリアに関するインタビューをさせていただきました。

 

【STARBOARDインタビュー/私がスタートアップへジョインした理由】~大手IT企業エンジニアから独立を経て、スタートアップCTOへ~

_MG_7022

 

―――まずは自己紹介をお願いします。

 

Creww(クルー)株式会社、CTOの荻野です。Crewwの創業メンバーで、サイトの作成・運用をしてきました。現在はサイトの運用を他のエンジニアに任せ、Creww内での新規の事業をしています。また、技術的な相談も含めCrewwのシステム全般を見ています。

 

もともと学生時代からウェブサイトをいくつか作っていて、その後、仲間3人で食品系のECを起業をしたことがあります。まだ時代がECの時代ではなかったので、代理店の申請ツールに近かったですね。その経験を元に、前職であるYahoo!Japanにエンジニアとして入社しました。

 

◆仕事に対する知見が広がった前職時代

 

―――前職ではどのようなお仕事をされていたんですか?

 

ヤフーではMyYahoo!を主に担当していました。ヤフー内にある全サービスとの連携があるサービスだったので、担当者として、他のサービスの人と仕事が出来たのは、いい経験でしたね。技術的に尊敬に値する人と知りあえたり、サービスに対する想い入れや伸ばすための施策の考え方等を教えてもらったりですね。自分のサービスを見ているだけだと知り得なかった人たちと話したり飲みに行け、そのような仲間が増えたことが自分の一番の経験でした。

 

その後、ヤフーを退社し、しばらくはフリーランスのエンジニアとして仕事をしていました。そのフリーランス時代にCreww代表である伊地知と知り合い、Crewwの創業メンバーとして参加しました。

 

 

―――大手企業を辞めたきっかけは何だったのでしょうか?

 

大手を辞めた理由としては3つあります。

 

1つは技術的な理由です。ヤフー内はヤフー用にカスタマイズされた技術が多いので、外の世界の技術を利用しづらい環境にありました。

 

2つ目は金銭的な理由。20代後半で辞めたのですが、この組織での評価制度とそれに伴う収入が見えていたので。学生時代のネットバブルの背景も手伝って、趣味で制作したサイトで得ていた収入と照らし合わせると、自分でやっていく方が収入はいいのではと思いました。

 

3つ目はやはり自分自身の成長です。この会社で学ぶべき7割位が終わったと思っていたので、あと3割を学ぶために何年も残るか、別のことを学ぶかを考えた時に、辞める決意をしました。

 

◆大手企業の中で、くすぶっているエンジニアの仲間たちが思い浮かんだ

 

―――その中で、なぜいまの会社を選んだのですか?

 

Crewwの話を伊地知から聞いた時、前職の社内でくすぶっているエンジニアの仲間たちが思い浮かびました。Crewwの目指す、「挑戦したい人が挑戦できる環境をつくる」というビジョンは、「起業しやすい環境を作る」と言い換えることができるのではないかと思います。ヤフーで一緒に働いていた人たちは、本当にみんな優秀で、自分のサービスを作りたいという意欲を持っている人もたくさんいました。ただ、生活や普段の業務など制限があって、なかなか自分の作りたいものを作っている人はいない、みんなもっといろんなサービスを作ればいいのにと。

 

人の受け売りですが「バンドを作るみたいに起業したらいいじゃん」という言葉が好きです。起業までしなくても、サービスを作って跳ねれば、起業という道が見えてくると思います。私は仲間を誘って時々サービスを作っていました。そんな思いから、くすぶっているエンジニアが、日の目を見る環境が作れるかなと思い、Crewwに参画しました。

 

 

―――ビジョンへの共感が大きかったんですね。他にも選択肢があるなかで、最終的に決意したのはなぜですか?

 

Crewwへのジョインを伊地知と話している時、ソーシャルゲームの会社の話も同時にいただいていました。そのゲームの技術面を任せたいと。当時はゲーム全盛期だったので、金銭面を考えたら、絶対にゲームの方だったと思うのですが、先の「エンジニアが起業しやすい環境づくり」に相当惹かれ、Crewwを選択することになりました。

 

 

―――実際にスタートアップに入ってみてどうでしたか?良いこと悪いこと含め教えてください。

 

良いこととしては、成長のスピード感でしょうか。私は、2012年8月に法人化する前、チームが誰もいなかった頃から参画し、現在は20人のチームになりました。手前味噌ですが、正直日々成長を実感していますね。物事を決める時の速さはありますし、実行するまでの速さもあります。

 

また、悪いことかわかりませんが、大手の方が検証の為の絶対数や回数は多く得られるかなと思います。例えば、Webサイトでのユーザーの反応を見るにしても、ヤフーでは簡単に大量のPVを得られ、結果がその日に出せました。ただ、スタートアップだといろんな人の声を直接聞きながら物事を作っていくことができるので、そこは利点です。

ヤフーだとテストをしても、正直実感のある感じはしていませんでした。サービスに対する最大公約数を求める感じですね。それよりも、初期のスタートアップでよく言う「コアなファンを掴みに行く」という方が好きなのかもしれませんね。

 

 

◆結局はスタートアップも選択肢の一つでしかない

 

―――スタートアップへの転職を考える人へ一言メッセージをお願いします。

 

正直、仕事に対して自分が何をすべきかというのを明確にもっていたら、大手に行こうがスタートアップに行こうが、仕事としては変わらないと思っています。なので、結局は選択肢のひとつでしかないかなと。

 

ただ、そのスタートアップに対して魅力を感じたり、自分が成長させられると感じたら、自身の経験値として一度入ってみる価値は大いにありだと思います。その際には、ぜひネット上の表面的・不確かな情報だけに頼ることなく、それぞれのビジョン・経営にはどんな想いが込められているのかまで、考えてみてほしいと思います。

社長やメンバーなら、すぐ会えたりしますからね。小さい組織だからこそ、自分にダイレクトに関わってくると思います。

 

また、スタートアップに対してブラック企業というイメージが若干あったりすると思いますが、意外とそうではありません。サービスに対して前向きに捉えられるから、仕事に一生懸命できるというのはあるかもしれませんが、Facebookとか見てるとみなさん、終業後に様々なところに食べに行ってたり、家族との時間を大事にしてたりしてますしね。

 

私は「人生何事も経験」だと思っているので、是非一度経験していただければと思います。

 

 

―――本日は貴重なお話ありがとうございました。

 


いかがだったでしょうか。

 

日本の採用の現場においては、海外と違いスキル面よりも、ビジョンへの共感を大事にする経営者が多いといわれます。スタートアップへの転職を希望する方がより良い選択をするため、より多くの選択肢を知ることができる、それをお手伝いするのがSTARBOARDです。

 

ご興味をもたれた方は、ぜひご登録ください。

 

未だ知らない選択肢を、見てみませんか?

 

 

「STARBOARD」→http://starboard.work/

Facebookページはこちら→https://www.facebook.com/starboard.edoa/

 

★7月20日(水)開催のイベントはこちら→http://ptix.co/28X5DvB