- blog - 広報ブログ

 

平素は格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。

誠に勝手ながら、弊社では以下の期間にて夏季休業とさせていただきます。

 

【夏季休業期間】

2018年8月13日(月)~2018年8月16日(木)

 

※休業明けは8月17日(金)より通常営業をいたします。

 

<休業期間中のお問合せにつきまして>

上記休業期間中の緊急のお問い合わせは、

担当コンサルタント携帯番号までご連絡ください。

 

・同休日中の会社固定電話へのお問い合わせは対応いたしかねます。

・電子メールでいただきましたお問い合わせにつきましては、

順次ご連絡させていただきますので、お時間をいただく可能性がございます。

 

大変ご不便をお掛け致しますが、何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます。

 

180720edoablog

こんにちは。

イードア広報担当です。

 

すべての小学生がプログラミングを学ぶ時代が、もうすぐやって来ようとしています。

 

2020年度から小学校で必修化されるプログラミング教育。2017年3月に発表された新学習指導要領によると、導入の目的は、子どもたちがコーディングを覚えることにあるのではなく、今後どんな職業においても普遍的に求められるであろう論理的な思考力、通称「プログラミング的思考」を育成するものであるとされています。

 

さらにその指導は、新しく「プログラミング」という科目が新設されるわけではなく、算数、理科、総合的な学習の時間内において行われるものであるという点もあまり知られてはいないかもしれません。

 

導入まで2年を切り、変化を迫られている教育現場。2018年2月に文部科学省が実施した委託調査によると、回答があった全国722市区町村の教育委員会のうち、「特に取り組みをしていない」と答えた自治体が57%を占めるなど、その準備は必ずしも順調であるとはいえないようです。

 

今後初等教育と直接関わることとなる親や学校関係者だけでなく、将来にかけてIT人材を採用していくすべての企業にとって、注目のテーマといえるプログラミング教育。今回は、迫りつつある変革の波に対する各社の動向の一部をご紹介します。

 

続きを読む→