- blog - 広報ブログ

4vr9a_sdj78-jeff-sheldon-2

こんにちは。

イードア広報担当です。

 

老後を見据えた戦略的なキャリア形成が、いま求められています。

 

2017年1月5日、日本老年学会は、現在の「高齢者」の定義である65歳以上を75歳以上にすべきという提言を発表しました。

 

医学の進歩、生活水準の向上など様々な要因により、いまや日本人の平均寿命は男女ともに80歳を超え、近い将来、少なくとも70歳までは働くのが普通になる時代が来るといわれます。

 

これまで個人のキャリア形成といえば、働き盛りから中年期をピークとする人生が想定されていたかと思いますが、今後は年老いてからどう生き、働くかという、積み上げ型の発想が大事になってくるのではないでしょうか。

 

続きを読む→

IMG_3749-2

こんにちは。

イードア広報担当です。

 

誰かの命を助けるために、他の誰かの命を犠牲にする人工知能を、あなたは許せますか?

 

例えば、こんな問いがあります。「線路を走るトロッコが制御不能になり、このまま進むと前方にいる5人の作業員が死んでしまうとする。このときあなたは、線路を切替えることができる分岐器のそばにいた。切替えれば5人は助かるが、新たな進路上にいる1人の作業員が死んでしまう。あなたはどちらの犠牲を選びますか?」

 

トロッコ問題(もしくはトロリー問題)と呼ばれるこの問いは、有名な倫理学上の思考実験の一つです。いま、AI(人工知能)によって制御される自動運転車を開発する企業は、このような問いへの答えを求められています。

 

続きを読む→

img_3743-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

こんにちは。

イードア広報担当です。

 

「同一労働同一賃金」という言葉から、皆さんはどのような働き方を連想しますか?

 

2016年12月20日、政府は「働き方改革」の核となる「同一労働同一賃金」の実現に向けたガイドライン案を公表しました。

 

この指針は、“同じ仕事内容であれば、同じ水準の賃金が支払われるべき”という考え方に基づいており、主な焦点は、正規社員と非正規社員間での“あいまいな差別”の禁止です。

 

実は、諸外国では当たり前に浸透しているこの概念ですが、日本ではこれまで雇用習慣の違いなどの要因から、あまり定着してきませんでした。それがなぜ、いま議論されているのでしょうか?

 

続きを読む→

 

平素は格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。

誠に勝手ながら、弊社では下記の通り年末年始休業とさせていただきます。

 

【年末年始の休業期間】

平成28年12月28日(水)~平成29年1月3日(火)

※新年は平成29年1月4日(水)より通常営業をいたします。

 

<休業期間中のお問合せにつきまして>

上記休業期間中のお問い合わせはホームページのContactよりご連絡ください。

なお、順次確認はさせて頂きますが、内容によりましては平成29年1月4日(水)以降の対応となる場合がございますので、ご了承のほどお願い申し上げます。

 

 

 

img_3588こんにちは。

イードア広報担当です。

 

“儲からない大学発ベンチャー”というイメージは、過去のものとなりつつあります。

 

先日、Forbes1月号「世界を変える!スタートアップ100選」にて、世界が注目する日本のスタートアップ50が選出されていました。この中でも気になるのは、大学における研究成果をベースに創業・事業を行う、いわゆる「大学発ベンチャー」の存在です。加えて、大学との共同研究など、何らかの連携を有するスタートアップも合わせると、その数は50社のうち半数以上にも上ります。

 

2016年現在、日本のスタートアップの約半数は、大学発ベンチャーであるといわれています。経済産業省の調査によると、2008年大学発ベンチャーの8割は赤字でしたが、2015年では全体の55%が黒字化に成功しているそうです。

 

この背景にあるのは何でしょうか?

 

続きを読む→