弊社は2023(令和5)年12月より、地域新産業やイノベーション創出を目指し、
企業現場の課題解決を通じた実践的な工学教育を実施している新潟大学工学部工学科協創経営プログラムと
正課内での実践的アントレプレナーシップ教育を開始しました。

国や地方公共団体の事業の枠組みを活かし、スタートアップ支援施策・事業のプログラムと一体化しつつ、
実践的なアントレプレナーシップ教育、卒業研究に代わるキャップストーン科目の教育を共同で進めて参ります。

【実施内容】
・研修課題:起業実践に関する実務研修
・研修内容:起業にかかるプレゼンテーションなどを含めたメンタリングを受け、
起業家として必要な資質を習得することを目的として、社会課題解決を目指すビジネスプランを作成する。

【産学官連携】
・株式会社イードア:経済産業省「新潟版未踏的人材育成事業「ETSUZAN」」の運営事務局として研修の場を提供。
・新潟大学:新潟大学工学部工学科協創経営プログラムと正課内での実践的アントレプレナーシップ教育に伴う単位互換。
・新潟県長岡市:新潟版未踏的人材育成事業「ETSUZAN」の後援。

【今年度の参加研修生における取組概要と実績】
・プロジェクト概要:食事は健康において重要な役割を担っているが、正しい栄養や食事の知識が普及していない現状があります。
誰もが正しい情報にアクセスし、健康になることができるサービス提供を目指します。
・成果:県内上場企業にて試験展開。

【メディア掲載】
日本経済新聞
gooニュース
TeNY新潟一番ニュース

-以下、参考--------------------------------------------

【新潟版未踏的人材育成事業”ETSUZAN”とは?】
経済産業省「令和4年度未踏的な地方の若手人材発掘育成支援事業補助金AKATSUKI」プロジェクト。
新潟を対象に実施するIT人材発掘・育成プログラム「ETSUZAN=越山」。
夢中になって開発に取り組める環境は地方に少なく、経験格差が起こっています。
この格差を新潟から解消し、ITに関する知識やスキルを有し新しい技術やサービスを生み出すクリエータを発掘し育成するプロクラム。
https://etsuzan.org/

【新潟支社の活動について】
オープンイノベーション、DXなどをキーワードに新潟県内の企業や行政をとおした地域イノベーション促進のための活動を実施しています。

➢木山産業株式会社と業務提携契約を締結し、新潟県最大級イノベーション施設NINNOの開発
NINNO:https://ninno-plaka.com/
Forbes JAPAN記事:https://forbesjapan.com/articles/detail/60997

➢新潟県DX推進プラットフォーム/NDXPの立ち上げ(R4経産省地域DX活動支援事業)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000104169.html

➢新潟県ガバメントピッチの開催
https://www.ninno-fest.com/
➢新潟県IT企業誘致アンバサダー就任(新潟県)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000104169.html

【企業概要】
会社名:株式会社イードア
住所:(東京本社)東京都港区赤坂2-3-5 赤坂スターゲートプラザ 16F
(新潟支社)新潟県新潟市中央区笹口1-2 新潟プラーカ2 2F
代表者:中村裕
設立日:2010年3月25日
URL:https://edoa.co.jp/

【本リリースのお問合せ先】
広報・マーケティング担当
◆電話番号:03-5561-6255
◆E-Mail:info@edoa.co.jp