- blog - 広報ブログ

aleks-dorohovich-26-unsplash

こんにちは。
イードア広報担当の引田です。

 

小学校でのプログラミング教育必修化、センター試験に代わる「大学入学共通テスト」の開始、新学習指導要領の導入……戦後最大規模といわれる2020年の教育改革を目前に、教育業界からは目が離せない状況が続いています。

 

本稿では教育業界の最新トレンドとして、「いま通信制高校に注目が集まる理由」についてご紹介します。

 

目次
-通信制高校とは
-具体的な動向
-学生の選択肢を広げるというメリット
-現状の課題と展望
-おわりに

 

内容の要約
■学校法人角川ドワンゴ学園が運営するN高等学校(通称:N高)を筆頭に、昨今増加する通信制高校に注目が集まっている。

 

■通信制高校に通う最大のメリットは、時間を自由に使えることである。そのため不登校の学生などだけでなく、スポーツや留学に時間をあてたい学生、美容や芸術など専門的な勉強を求める学生も多数通っている。

 

■通信制高校に対しては、社会においてポジティブな見方が広まりつつある。それに伴い、現在通信制高校の課題として挙げられている「人手不足」、「一定以上の教育の質の担保」といった問題も解決されやすくなるだろう。教育の場として先進的な取り組みも進んでいる。

 

続きを読む→

 

平素は格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。

誠に勝手ながら、弊社では以下の期間にて

年末年始休業とさせていただきます。

 

【年末年始の休業期間】

2018年12月28日(金)~2019年1月6日(日)

 

※新年は2019年1月7日(月)午後より通常営業をいたします。

 

<休業期間中のお問合せにつきまして>

上記休業期間中の緊急のお問い合わせは、

担当コンサルタント携帯番号までご連絡ください。

 

・同休日中の会社固定電話へのお問い合わせは対応いたしかねます。

・電子メールでいただきましたお問い合わせにつきましては、

順次ご連絡させていただきますので、お時間をいただく可能性がございます。

 

大変ご不便をお掛け致しますが、何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます。

 

 

 

オフィスデザインを手掛けるアーバンプラン社主催セミナー(8月24日開催)に、当社イードアの石川が登壇いたします。

 

当イベントは、2016年より提唱されている「働き方改革」に伴うオフィスづくり、オフィスのあり方について、リクルーティングという観点から情報発信し、考える機会とするものです。

 

石川は「採用戦略」の観点から、リクルーティングとオフィスの相関性についてお話しいたします。

 

日時:2018年8月24日15:00 ~ 16:30(14:30受付開始)

場所:東京都港区東新橋1-1-2 アソルティ東新橋4階

参加費:無料

 

■アーバンプラン社について
一級建築士事務所
オフィスのデザイン、レイアウト、施工、オフィス家具の調達、移転までの「オフィスづくり」をワンストップで実施する企業様です。

 

詳細はこちら

 

180822_チラシ完成版

 

 

平素は格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。

誠に勝手ながら、弊社では以下の期間にて夏季休業とさせていただきます。

 

【夏季休業期間】

2018年8月13日(月)~2018年8月16日(木)

 

※休業明けは8月17日(金)より通常営業をいたします。

 

<休業期間中のお問合せにつきまして>

上記休業期間中の緊急のお問い合わせは、

担当コンサルタント携帯番号までご連絡ください。

 

・同休日中の会社固定電話へのお問い合わせは対応いたしかねます。

・電子メールでいただきましたお問い合わせにつきましては、

順次ご連絡させていただきますので、お時間をいただく可能性がございます。

 

大変ご不便をお掛け致しますが、何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます。

 

180720edoablog

こんにちは。

イードア広報担当です。

 

すべての小学生がプログラミングを学ぶ時代が、もうすぐやって来ようとしています。

 

2020年度から小学校で必修化されるプログラミング教育。2017年3月に発表された新学習指導要領によると、導入の目的は、子どもたちがコーディングを覚えることにあるのではなく、今後どんな職業においても普遍的に求められるであろう論理的な思考力、通称「プログラミング的思考」を育成するものであるとされています。

 

さらにその指導は、新しく「プログラミング」という科目が新設されるわけではなく、算数、理科、総合的な学習の時間内において行われるものであるという点もあまり知られてはいないかもしれません。

 

導入まで2年を切り、変化を迫られている教育現場。2018年2月に文部科学省が実施した委託調査によると、回答があった全国722市区町村の教育委員会のうち、「特に取り組みをしていない」と答えた自治体が57%を占めるなど、その準備は必ずしも順調であるとはいえないようです。

 

今後初等教育と直接関わることとなる親や学校関係者だけでなく、将来にかけてIT人材を採用していくすべての企業にとって、注目のテーマといえるプログラミング教育。今回は、迫りつつある変革の波に対する各社の動向の一部をご紹介します。

 

続きを読む→