株式会社イードア(本社:東京都港区、代表取締役:中村裕、以下「イードア」)並びに、
国立大学法人新潟大学(所在地:新潟県新潟市、学長:牛木辰男、以下「新潟大学」)は、
2020年12月25日、起業家育成プロセスのモデリングに関する共同研究契約(以下「本共同研究」)を締結、
2021年2月より、研究活動を開始しましたのでお知らせいたします。

イードアは、起業家・経営者の生き方を研究するメディア「Focus On(フォーカスオン)」を運営し、
これまで累計約70名の起業家・経営者の人生に取材密着し、幼少期から今に至る意思決定と
行動選択のプロセスにまつわる情報を収集蓄積してきました。
そのデータならびに同プロセスを通した今後のデータに対し、
新潟大学経済科学部 伊藤龍史准教授の研究室(以下「伊藤研究室」)の
定性的比較分析手法を用いることにより、
論文・学会発表・教育ツールや教材の開発提供・サービス構築に取り組みます。

また、本年度の共同研究では起業家個々に焦点を当てるのに対し、次年度以降を目途に、
成長するチーム/組織の傾向、相性など相互関係にまつわる研究活動も行っていく予定です。

さらに、アントレプレナーシップとは自己の生き方を社会と
等身大でぶつける姿勢である側面を持つと考え、子供の教育現場にての活用も目指します。
学習指導要領の改訂により、2022年度より高等学校で本格的に始まる「総合的な探究の時間」などで、
子供たちが未来を考える際の探求のきっかけに使っていただけるものとして提供することを目指しています。


本共同研究を通じて生まれる予定の活動
■「どのような経験をすれば起業家になるか?」のデータをもとに
 伊藤研究室内ベンチャリング・ラボなどにて起業家育成の講座を提供 
 ※地域別(まずは新潟県内)でどのようなもの、ことがあれば
  起業家やイノベーターが生まれやすいか?など、「地域別モデルの抽出」を含む。

■企業内に挑戦者を生むためのナレッジ、モデルを用いた研修サービスの提供

■事業承継時の「後継ぎ」をイノベーターへと成長支援するためのプログラムの開発・提供

■子供が自分の「やりたいこと」に出会うための思考の整理方法、体験を提供

Focus On(フォーカスオン)について

人間社会や組織にまつわる歴史や事実には、人の考えや思いが背景としてあります。
思いを形成するのは、人の価値観や哲学、生きてきたことの積み重ねであり、
私たちはそこにある原理や原則を発掘し、発信します。

PVやUUなどの量的指標を追いかけるのではなく、良いものが正しく世の中に伝わる社会構造を目指して。
歴史を越え人のあいだで継がれていくべき情報は、歴史的名著だけではなく、
私たちの周りにも潜んでいるはずです。

良いモノ・ヒト・事業が、私たちが何気なく手を伸ばした距離にある社会にしたい。
その視線の先を提供するのが、Focus On(フォーカスオン)です。

※参考:「経営者の意思決定研究」にまつわる過去の活動例
https://focuson.life/article/view/139

 

新潟大学伊藤研究室について

伊藤龍史研究室は、行政や県内外の民間企業とコラボレーションしながら、
学生の起業家精神の育成やマーケッター育成に取り組んでいます。
2019年12月には、起業家の育成を目指す「ベンチャリング・ラボ」を設立。
学外含め起業を志す学生を対象とした勉強会や交流会を開催し、
県内にアントレプレナーシップを根付かせ、スタートアップ・エコシステムを
構築することを目指して活動しています。

また、2018年及び2020年には、米国ラスベガスで開催された
国際学会「ASBBS(The American Society of Business and Behavioral Sciences)」において、
Best Paper Award(最優秀論文賞)を受賞。
2020年度には「新潟大学学長賞(若手教員研究奨励)」に選出されるなど、
その研究活動は国内外で評価されています。

〈本件に関するお問合せ先〉
株式会社イードア 新潟支社 担当石川
info@edoa.co.jp
03-5414-3313