M&Aは、ネガティブなイメージをいただく方もいるかもしれませんが、
売却する企業・買収する企業にとって成長する機会を創出できるものでもあります。

昨今、成長戦略としてのM&Aは中小・大手企業ともに
企業価値を高めるために利用する手段として活用されております。

今回は、経営課題をM&Aによって解決し、会社の価値を高めることが可能な
「企業の成長戦略としてのM&A」がどのようなものであるのかをご紹介します。

是非ご一読いただき、今後の企業成長戦略の参考にしていただければ幸いです。

■目次■
# 01 経営戦略のためのM&Aとは
# 02 成長戦略における”譲渡”企業のM&A目的及び効果
# 03 成長戦略における”譲受”企業のM&A目的及び効果
# 04 企業統合における留意点
# 05 成長戦略におけるM&Aの成功事例

#01 経営戦略のためのM&Aとは

M&Aは経営課題を克服し、最短で事業成長や資金調達を実現するためのひとつの手段です。
人・モノ・金のリソース不足や、新規事業参入の障壁、事業承継の解決など、
自社だけではその問題が解決できない際に、
適切な外的資源を獲得することを主な目的として実施されます。

M&Aを実施することにより、新規事業への参入や短期間での事業成長、
業界内でのシェア拡大などが実現可能です。

#02 成長戦略における”譲渡”企業のM&A目的及び効果

企業譲渡は経営難による売却のイメージを持たれておりましたが、
現在は成長戦略の一貫として前向きな活用をしている企業も続出しております。

そこで、具体期にどのような目的や効果があるのかお伝えしていきます。

1.経営の安定化
後継者問題やリソース不足に課題を感じている企業に関しては、
M&Aをすることにより全ての資産を引き継ぎ、
従業員の雇用や取引先との関係を維持することが可能です。

その上で、譲受先のネームバリューやリソース、ノウハウを獲得できるため、
経営基盤を安定化させることが可能となります。

2.事業成長
設備・顧客・知識など双方のリソースを共有することにより、
シナジー効果を得ながら、事業成長を成し遂げることが可能になります。

#03 成長戦略における”譲受”企業のM&A目的及び効果

譲受企業は時間を買うことを目的にM&Aをしており、
事業をゼロベースから立ち上げるよりも、既に成り立っている会社もしくは事業を買収する方が、
スピード感もあり安全でコストメリットがあります。

1. スピーディーに新規事業に参入できる
事業拡大を検討する上で、新規事業への参入を視野にいれることがありますが、
1から立ち上げるのはリスクも伴います。

そのため、既に事業が成り立っている企業もしくは事業を譲受することで、
リスクを抑えて新規事業への参入が可能になります。

2. 経営資源の確保
譲渡企業の優れた技術やノウハウ、人財を獲得することができ、
生産効率をあげることが可能になります。

3. 未開拓の顧客やエリアに拡大できる
譲受企業は、譲渡企業の既存顧客を自社の顧客にすることが可能です。
また、未開拓のエリアや業界での事業展開をすることもできます。

4. シナジー効果による経営の効率化
M&Aを行うことにより、売上・コスト・財務・研究開発において
シナジー効果を発揮することが可能となります。

#04 企業統合の留意点

M&Aを行う事により、様々な利益が得られる反面、注意しておくべきこともあります。
具体的には、次の2点を意識してM&Aを検討しましょう。

1. M&Aを実施する目的を明確化する
M&Aにより何を達成するのか目的の整理を行いましょう。
目的によってはM&A以外の手段が適切であることもあれば、
M&A交渉を進める中でいつのまにか手段が目的になってしまうこともあります。

2. M&A後のPMIは念入りに行う
双方異なる理念やビジョンを持った企業がM&Aすることにより、
カルチャーの違いや細かな規定や制度、業務フローなどを統一する必要があります。

M&Aを完了させるだけでなく、その後のPMIをいかに適切に実施するかが重要となります。

#05  成長戦略におけるM&Aの成功事例

最後に、実際にあった事例を紹介していきます。

1. 競合の買収により業界トップシェアを獲得した企業様
人材紹介事業を起源にライフスタイルに合わせた事業を複数展開する企業にて、
知名度の確立はしているものの人材派遣業界において当時業界5位であった同社は、
マーケットの拡大により競争が激化していたことから、
人材派遣で業界トップの企業を買収したことにより、1位の地位を確立しました。

2. M&Aにより新規事業立ち上げをした企業様
大手アパレル会社では、事業領域を広げるためにコスメ系の企業を2社買収し、
スピーディーに新規事業へ参入いたしました。
買収企業含め100社超えするグループ企業のネットワークを活用し、
販売経路拡大やグローバル展開で事業拡大を行っております。

 

M&Aは、うまく活用すれば譲渡企業にとっても譲受企業にとってもメリットの大きいものです。
しかし、経営戦略としてのM&Aを効果的に行うためには、
十分な下準備や最適な相手企業の選別、交渉が必要になります。

弊社では、経営者のご意向を重視した上で最適なM&Aのご提案を行っております。
少しでも気になる方はお気軽にご相談くださいませ。

【お問合せ先】

担当 大崎 麻里
◆電話番号  03-5414-3313
◆E-Mail   info@edoa.co.jp