会社がどのような目的で事業を運営しているのか、
目的に対して何をすべきか社員との認識をすり合わせることや、
事業を成長させる上で必要となる資金を外部から調達する際に、事業計画書は作成されます。

その他、事業計画書は様々な用途があるものの、
事業計画書を通じて利害関係者に会社や事業の魅力を知ってもらい協力体制を築くためのものです。

会社運営にあたり事業計画書は極めて重要なものとなりますが、実際に作成するのは容易ではありません。

今回は、事業計画書を作成する上で必要な要素をご紹介していきます。
是非ご一読いただき、事業計画書を作成する際の参考にしていただければ幸いです。

■目次■
# 01 事業計画書の必要性とは
# 02 事業計画書の構成
# 03 事業計画書を作る際のポイント
# 04 作成が難しい場合には

#01 事業計画書の必要性とは

事業計画書は会社経営において、ビジョンを実現するために会社状況や事業を体系的に整理し、
目的に向けどのように運営していくのか、事業を成功させるためのロードマップとなります。

説得力のある事業計画書を作成することにより、
事業運営に必要な「人財」の採用や、「資金」を調達することが可能となります。

#02 事業計画書の構成

まず一般的な事業計画書の構成についてお伝えいたします。

1. 会社概要
社内に対しては改めて自社の目指す方向について、社外に対しては事業の経緯や沿革、
想いについて共有することを目的として会社概要を作成すると良いでしょう。

2. 事業内容
目指す方向に向け実際に提供しているサービスについて詳細に記載しましょう。
その際、ターゲットやサービスの提供価値についても明確にすると良いでしょう。

3. 市場分析
事業の成長性について数値データを用いて記載しましょう。
社会からのニーズや市場の成長性により自社サービスの需要を明らかにすることで、
事業の成長性を期待され協賛者を募ることができるでしょう。
また、競合と自社の立ち位置や競合優位性についても記載すると良いでしょう。

4. 事業運営体制
社内外含め、どのような体制で事業を行っていくのか記載しましょう。
有形商材を取り扱っている企業であれば、材料の調達先や販売先なども含めて図式化すると良いでしょう。

5. 営業戦略
サービスをどのように販売していくのか、いつまでにどのくらい販売するのか
手段や期間も詳細に記載しましょう。市場分析同様、具体的な数値と数値の根拠が重要となります。

6. 事業のリスクと対応策
社会の変化や新規参入社によるリスクなど様々な問題点を抽出し、
リスクが現実になった際にどのような対応を行い、リスク回避するのか記載しましょう。

7. 資本計画
事業成長には人・モノ・カネ・情報などのリソースが必要となります。
採用計画や、資金計画など事業の成長に合わせてどの程度資金を投下するのか、
リソースを増加させるのか計画を記載しましょう。

#03 事業計画書を作る際のポイント

では実際に事業計画書を立てる際に抑えるべきポイントについてお伝えいたします。

1. 実現可能性が高いと思える根拠を出す
第三者が納得するためにも公的なデータや裏付けとなる情報を元に実現可能性を提示しましょう。

2. 自社の優位性を見出す
事業が市場からのニーズがあるものなのか、
競合他社と比較して勝ち目のある事業内容であるのか整理を行いましょう。

3. 市場の変化へのリカバリープランも考える
ニーズがある事業であり、競合優位性も見いだせている状態でも、
大手企業が参入しやすい事業だった場合に、資本力で太刀打ちできない状況に陥ることもあります。
そのため、想定されるリスクやリスクへの対策も含めて事業計画を立てる必要があります。

#04 作成が難しい場合には

現在では事業計画書のテンプレートが無料で入手できますが、
上記を踏まえていざ作成しようとすると意外と難しいと感じてしまう経営者は少なくありません。

そのため、第三者目線から自社の状況を整理してもらうことや、
必要となる根拠の収集から実現に向けた計画を専門家に作成してもらうのも一つの手段です。

弊社では、これまで様々な業界のスタートアップ企業や中小企業の
事業計画のプランニングから実行までの支援を行っております。

現在お困りのことがありましたらお気軽にご相談くださいませ。

【お問合せ先】

担当 大崎 麻里
◆電話番号  03-5414-3313
◆E-Mail   info@edoa.co.jp