まならぶる

学習塾に関する意識調査を公開しました

今、学習塾に求められる「オリジナルの動画配信」65.0%の保護者が、                        動画配信で学習定着率が「向上した」と実感                    「成績が上がった」「自ら学習するようになった」の声も

株式会社イードア(本社:東京都港区、代表取締役:中村 裕、以下イードア)は、
北海道・東京・愛知・大阪・福岡かつ政令指定都市もしくは特別区に住んでおり、子ども(小学生・中学生)が学習塾に通っている保護者107名を対象に、
「塾における動画配信」に関する実態調査​​​​を実施いたしましたので、発表いたします。

約6割の塾で、「その塾オリジナルの動画配信」を実施

Q1.お子さまが通っている塾では、その塾オリジナルの動画配信(録画授業等)を行っていますか。」(n=107)と質問したところ、「行っている」が56.1%、「行っていない」が32.7%という回答となりました。

65.0%の保護者が、塾での動画配信により「我が子の学習定着率の向上」を実感

Q2.Q1で「行っている」と回答した方にお聞きします。塾での動画配信により、お子さまの学習定着率が向上したと実感していますか。」(n=60)と質問したところ、「非常に実感している」が21.7%、「やや実感している」が43.3%という回答となりました。

約6割の保護者が、塾オリジナルの動画配信があることは、「入塾を後押しする判断材料になる」と回答

「Q9.もし改めて塾を新規で検討・選択する場合、塾オリジナルの動画配信があることは、入塾を後押しする判断材料となりますか。」(n=107)と質問したところ、「非常になる」が20.7%、「ややなる」が36.4%という回答となりました。

まとめ

塾の運営側にとっては、入塾者を確保する上で、動画配信システムを整えることが急務となっています。
ITツールに不慣れであっても、手軽にオリジナル動画配信ができるサービスを積極的に活用することによって、
アンケートで挙げられたようなメリットに加え、遠隔地に住んでいるお子様であっても地域格差のない、
良質な授業を受けることができる環境が整えられます。塾においても動画配信が必要不可欠な時代になってきたといえるでしょう。

◆詳細はこちら(PR TIMESへ)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000068934.html